music diary


スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










レオニード・クロイツァー 音楽の遺産 (2005/03/20)
2005年 3月 20日 日曜日 晴れ

昔、レオニード・クロイツァーというピアニストがいまして、
ナチの迫害から日本に逃れてきた関係もあって日本録音がいくつか残っています。

ケン・レコードから「レオニード・クロイツァー 音楽の遺産」というシリーズでリリースされています。
ラフマニノフのピアノ協奏曲の第2番と、ショパンの前奏曲が入っているCDを購入して聴きました。

ラフマニノフの2番とショパンの前奏曲を聴きましたが、本当に目頭が熱くなるような演奏です!!!
特にラフマニノフの2番!!! 彼の十八番中の十八番だっただけのことはあります・・・。
遠い異国を思いながら、懐かしみながら、弾いているのが分かる・・・

録音状態が今一つなのが悔まれます・・・。
それでもよくぞ残っていてくれた!!!

ショパンの澄み切ったタッチと洞察力の深さは、どうしてこれほど弾ける人が、
あの当時の日本なんかに永住してしまったのだろうかと不思議に思います。
もし日本に永住していなかったら、彼は間違いなくもっと世界的に活躍出来た。
キャリア的にも、世界のどこに行っても一流のピアノ奏者として名声を獲得出来たはずだ。
今のように日本の楽壇の大恩人として一部の人にのみ知られるのではなく、
おそらく偉大なピアニストとして、世界中にもっとその名を知られていたに違いない。

でも、1930年代の日本というどう考えても音楽の後進国へ永住する事を選択した。
この事はピアニストとしてのクロイツァーにとってはどうかは分からないけど、
日本楽壇にとって非常に幸運な事だった。
輝かしいキャリアを棒に振って日本に来てくれたようなものです。

日本に永住を決心してくれた事に深く感謝したい・・・。
それは、バレエにおけるパブロヴァ親子(エリアナ、ナタリア、ナデジタ)や、
オリガ・サファイアと並ぶ偉業であった!!!

今までのキャリアを捨ててまでも、西洋文化における後進国であった当時の日本に、
どのような魅力あったのだろうか?
カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:10


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-34.html















レオニード・クロイツァーが日本に定住した理由は探れば解明できそうではあります。モギレフスキーと録音したスプリング・ソナタやラ・カンパネラのSP盤が我が家にはあって、今でも年に一度くらい気が向いたらチコンキで楽しんでいます。ロシア出身でラフマニノフがグリンカ賞を受賞した時の受賞記念公演で、ピアノ協奏曲第2番を作曲家の指揮の下、ソロを担当した(そうです)。ロシア革命を機にライプツィヒへ。そこでニキッシュに指揮を師事。ベルリンに移ってはシュナーベルやペトリと同期であった(らしい)。来日はベルリン時代の教え子、近衛秀麿らの懇望があったようです。だが、大戦中の日本に於ける処遇は惨憺たるものの様でした。近衛らの提言を蹴ってアメリカにでも渡って入れば、ラフマニノフに匹敵するような地位を得られたでしょう。レオ・シロタよりは少なくともヴィルトゥオジティにおいては優れていた様に思います。若かりし頃の写真家・大竹省二に、クロイツァーの好い映像が遺されています。妻、クロイツァー・豊子は弟子だったようで、その後裔(病院経営者一族)が今に繋がって顕彰している様です。WINGのCD、WCD-107/8では日本録音のショパン、リスト、ベートーヴェンがあります。他に滞欧時代の録音を集成したCDもあります。ご存知の情報だと思いますが、重複を顧みず開陳しました。


soge
2006/10/02 | URL |(trip@-)
編集







>WINGのCD、WCD-107/8では日本録音のショパン、リスト、ベートーヴェンがあります。他に滞欧時代の録音を集成したCDもあります。ご存知の情報だと思いますが、重複を顧みず開陳しました。

貴重な情報、ありがとうございます!!!
m(_ _)m
あのベートーヴェンは、本当に見事な演奏ですね?
実に端正で、気品のある演奏です。
それにしても,もう少し録音が残っていてくれたなら・・・・
そうすれば、これらの録音は確実に日本の文化遺産になっていたはずです!!

>来日はベルリン時代の教え子、近衛秀麿らの懇望があったようです。だが、大戦中の日本に於ける処遇は惨憺たるものの様でした。

クロイツァーやシロタがその実力の割に評価されなかったのは、
彼らが日本に居住していたということが大きいのではないかと私は思います。
もともと当時の日本人は、自国、並びに自国に近いものを軽んじる風潮がありました。おそらく、これは日本の欧米列強に対する劣等感が大きな原因だと思います。
これで随分と損をしている演奏家は、多かったように思います。
無謀な戦争による非人道的な扱いもさることながら、
この点だけでも十分に罪深いです。

ところで、非欧米人に対する蔑視、とくに朝鮮、中国、並びに東南アジア諸国に対する蔑視をいまだに引摺っている方がいます。それらは自らの劣等感を非欧米人(日本人、並びに日本人に近い存在も含みます)へ投射することで安心したいという心理があるような気がしてなりません。
余談になりますが、クロイツァーの弟子で長岡 純子という方がいらっしゃるのですが、ぜひ実演を聴いてみてください。クロイツァーの蒔いた種は決して無駄じゃなかった!!

>モギレフスキーと録音したスプリング・ソナタやラ・カンパネラのSP盤が我が家にはあって、今でも年に一度くらい気が向いたらチコンキで楽しんでいます。

チコンキで家宝を聴けるとは羨ましい!!!
オケものは迫力という点では物足りなさがあるかもしれませんが、
室内楽や声楽は蓄音機の方が味のある音がしますから・・・。

わが家は、せっかくのSP盤を電気を通してしまうのが悔やまれます・・・。
いずれはHMVの蓄音機で鳴らしてみたいものです。
カペーやクリングラーを鳴らしたら、どんなに素晴らしいことか!!!

ざらすとろ
2006/10/06 | URL |(trip@RAa2TALo)
編集







クロイツァー・ファンです。

クロイツァーがなぜ日本に来たか(亡命したか)、それは日本(あるいは日本人)が好きだったからではないですかね。

ご存じかも知れませんが最近、クロイツァーに関する書籍が出ましたね。
    「レオニード・クロイツァー その生涯と芸術」
    山本尚志著 音楽之友社
この巻末にはクロイツァーのディスコグラフィーが載っています。11月30日第1刷発行ですが、すでに在庫は怪しいようです。

ラフマニノフの2番のCDは、買い逃してしまいましたが、LPで聞いています。ベートーベン:「月光」の録音は1934年と1942年の2種類ありますが、WING WCD107/8のそれは後者ですね。私としては残念です。



(susuki)
2006/12/24 | URL |(trip@-)
編集







南の国への憧れ 返事が遅れてしまい、申し訳ありません m(_ _)m

私はまだ未読でしたので、早速Amazonに注文させて頂きました。

貴重な情報、有り難うございます。m(_ _)m

おそらくはクロイツァー自身、日本が好きだったということはあったと思います。

なぜなら彼ほどのピアニストであれば、日本以外の亡命先の選択肢は十分に考えられたと思います。

であるにも関わらず敢えて日本を選んだのは、北国のロシア人にある南の国への憧憬も大きかったのではないか?

ロシア人は日本に関心があるようで、ロシアのインテリ層は我々がドストエフスキーやチェーホフを読むように、川端や三島などを読んでいるのだそうです。

クロイツァーが、日本に永住した事が幸福か不幸だったのか分かりません。

でも少なくとも彼が日本に永住し、悩み苦しんだ果てに見つけた真実は彼の演奏の中に今も生き続けています。

それは彼が晩年、放送局の為に録音した演奏のどれをとっても、
伝わってくる・・・。

ところでもしお望みでしたら、
クロイツァーのCDを焼いて送りますが如何でしょうか?

ざらすとろ
2006/12/31 | URL |(trip@RAa2TALo)
編集







ありがとうございます。  CDコピーの申し出、ありがとうございます。CDも欲しいのですが、他にもたくさん録音をお持ちのようですね。私としては興味津々です。もし差し支えなければどんな演奏をお持ちなのか教えて下さい。聞いたことのない録音があるのでしたら是非聞きたいですね。
 私のブログをお読みいただいたかと思うのですが、私たちは一風変わった合唱を経験してきました。このとき指導していただいた佐々木基之先生はクロイツァーとも親交があったようです。今は絶版ですが、先生著の「耳をひらく~人間づくりの音楽教育」柏樹社刊の236頁から3頁ほどに「淋しく逝かれたクロイツァー先生」という一文があります。図書館などで見ることができると思いますので読んでみませんか。この本全体も読んでいただけるとなお嬉しいのですが。
(susuki)
2007/01/14 | URL |(trip@-)
編集







耳をひらく~人間づくりの音楽教育 >他にもたくさん録音をお持ちのようですね。

そんなことは無いですよ。
そんなには所有していないです。(笑)
せいぜいCDが400枚程度でLPが1700枚程度にしか過ぎません。

ですのでご期待に沿える事が出来るのか分からないですが、どういった分野のものが良いでしょうか?

>このとき指導していただいた佐々木基之先生はクロイツァーとも親交があったようです。今は絶版ですが、先生著の「耳をひらく~人間づくりの音楽教育」柏樹社刊の236頁から3頁ほどに「淋しく逝かれたクロイツァー先生」という一文があります。

不覚にも合唱の事を全く知らないですので、是非とも探して読ませて頂きます!!

西洋音楽の歴史において、合唱とオルガンは非常に重要な役割を果しているというのに、どうも日本では今一つマイナーな扱いを受けてしまっている印象があります。

少しだけネットで検索をしたら、合唱の世界では非常に知られた方のようですね?

ざらすとろ
2007/01/17 | URL |(trip@RAa2TALo)
編集







私の関心 >せいぜいCDが400枚でLPが1700枚程度に過ぎません。

私にとっては「目が飛び出る」ほどの量ですね。だだ、私の関心はクロイツァーです。ざらすとろさんの書かれた、「それは彼が晩年放送局のために録音した演奏のどれをとっても伝わってくる・・・・。」という文章から、「放送局のために録音した演奏とはどんなものだろう?」と思った次第です。もしよろしかったら、どんな曲目でどんな印象なのかうかわせてください。
(susuki)
2007/01/18 | URL |(trip@-)
編集







晩年のクロイツァー お聴きになってらっしゃるかも知れませんが、グリーンドアからでているCDです。
晩年、関西のABC放送の「ピアノ・アカデミー」という番組で演奏していた訳ですが、どうも本番時の録音は今だ発見されていないそうです。
しかし、その時のリハーサルの演奏の音源が残っていて、その音源を豊子夫人が保管していたそうです。そしてカセット・テープにダビングしたものを、クリストファー野澤氏らが所有していて、それがグリーンドアによってリリースされたという経緯があります。

ですので正確には放送局の為のものではなく、
その演奏のリハーサルです。
私のほうが勘違いをしてしまいました。
深くお詫び申し上げます。
勘違いさせるような事を発言してしまいました。

ごめんなさい・・・m(_ _)m

いずれにしても晩年のクロイツァーの演奏を伺える数少ない貴重な音源です。深い洞察力と鋭い感性に支えられた素晴らしい演奏です。
そのなかでも特にベートーヴェンの31番のソナタには、もう表現する言葉がありません!!

ギーゼキングやバリリSQの日本での録音が見つかってCD化されているぐらいなののだから、
ABC放送による本番の録音テープも残っていると信じたいです。


ざらすとろ
2007/01/20 | URL |(trip@RAa2TALo)
編集







クロイツァーの響き  グリーンドアのCD、私も持っています。恥ずかしいことにこれが放送用リハーサル録音ということなど知らずにいました。ざらすとろさんの文章を読んで初めてCDの解説書を読んでみました。新発見です。しかしCDの解説書は字が小さすぎる、私たちの年代は視力も下り坂にかかっているのです。(笑)

 以下のブログに私たちの教わった先生のピアノの印象を書いてあります。よろしかったらお読み下さい。
http://pub.ne.jp/susuki/?entry_id=97851

 先生のピアノはここに書いたように私にとっては「オンリー・ワン」であったのですが、友人が見つけてきたクロイツァーの録音を聴いたとき、「先生と同じ音(響き)だ。」と感じたのを今でもはっきりおぼえています。以来もうそろそろ30年、クロイツァーをずっと聴き続けています。
(すすき)
2007/01/23 | URL |(trip@-)
編集







楽譜の背景にあること 佐々木先生のピアノの録音が残っていないのは、非常に残念です・・・私も是非とも聴きたかった・・・

今の音楽教育は楽譜に忠実にということしか教わらないので、即興演奏が出来るクラシックの奏者は少ないようです。

自分は趣味でピアノを弾きますが、楽譜どおりに弾こうとは考えないです。
楽譜はあくまでも目安であり、八分休符があったとしても、より長く休符を取ったほうが曲のイメージに合うなと思ったら、躊躇なく休符を長くしますし、ペダルも左を多用します。あるいは音を出さないで鍵盤を押した状態のままにして、空いている片手で旋律を弾いてみたりします。これも一種のペダルの効果を出すことが出来ます。

楽譜はあくまでもこういう感じで弾くという目安にしか過ぎないと思います。

ドビュッシーの原典版の楽譜には、ペダリングの指示がないです。それはいちいち書いてられないほど、微妙なペダリングを要求しているからなんです。

ところがその文脈を理解しないでペダル無しで演奏したら、よっぽど天才的な指のテクニックを持ち合わせていない限り、曲は台無しになってしまいます。

楽譜に書いてあることの背景にある事柄が重要なのであって、その背景を無視して楽譜をなぞるだけでは音楽にはならないです。
ざらすとろ
2007/01/31 | URL |(trip@RAa2TALo)
編集


投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 





Trackback URL
http://classicalmusic.blog58.fc2.com/tb.php/34-79e37be6
music diary
© ざらすとろ 2017. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。