music diary


hiphop
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










寂-jaku- (2007/06/14)

寂-jaku-寂-jaku-
(2004/11/03)
DJ KRUSH

商品詳細を見る



tsutayaでレンタルしました。

以前、とあるバーに来ていたhip-hop好きの方が
dj krushを強く薦めていて、ずっと気になっていたのです。
今回、聴いてみました。
凄い・・・
もっと早く聴いておけば良かった・・・
スポンサーサイト
/ トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-104.html










ヒップホップ受容の基盤 (2003/05/23)
最近、ヒップホップが音楽にもたらしたものの大きさについて考える事があります。それはメロディの否定と音楽のコラージュについてです。もはや新しい創造ではなく既製にあるものを組み合わせ再構築する事で作曲できちゃうんです。
そんなことはベリオだってマークレイだってやってるといわれればそれまでなんですが、でもそういう発想や考え方そのものが一般のリスナーにも受け入れられたという事に興味を持たざるを得ないです。

小林と服部の著作権をめぐる騒動なんかじつに不毛です。そもそもオリジナルという概念が無効になっているのにいまだに「これは私が作曲したんだ」とか「イヤあんたが私の曲を盗作したんだ」とか裁判沙汰になっている訳で、著作権について我々はもう一度考え直す必要があるのかも知れません。

しかし特許というのの、いや今迄の所有権のありかたと現実の問題が表面化している。特に医療の現場においてそうなんです。製薬会社が薬効成分のあるハーブに特許を申請したおかげで、その植物を今迄使用してきたインディオ達がその薬草を使用できなくなっています。それだけにとどまらず遺伝子に特許の申請がなされていたりしている現状を考えると、近代的な意味での所有権をもう一度見直さなければならない時期に来ているのではないかと思います。


http://classical.diarynote.jp/200305250000000000/
/ トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-88.html










music diary
© ざらすとろ 2017. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。