music diary


techno
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










「君に胸キュン」の様々なカヴァー (2009/11/10)
you tubeで検索していたら、いろんなのを初音ミクに歌わせていて、
なかには「君に胸キュン」なんてのがあった。

http://www.youtube.com/watch?v=W1f_U7N5trA&feature=player_embedded




あと、まりあ†ほりっく のエンディングテーマにもなってます。

http://www.youtube.com/watch?v=OxIHT0HJci4&feature=related


かっ、かわいすぎる!!  萌え!!!!



土岐麻子のヴァージョン。

http://www.youtube.com/watch?v=0bJwjlo1-KY



オシャレでカッコいいなあ・・クラッと来る・・・


あとperfumeの仕掛人でもある中田ヤスタカによる土岐麻子のカヴァーのremixなんてのもあります。

http://www.youtube.com/watch?v=KyvzIv4VRmg





オリジナルと比べるとずいぶんと様変わりしてます。
それはおそらくはテクノの古典をきっちりと意識しているからだと思います。



ここまで来ると、もう別の曲のような気もしますが、
先入観を抜きにして、こういうのもありかなと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=ijM3-bHsx2k


KREVAもカヴァーしているようです。
バックのシンセの使い方など、随分と違っていて面白いです。


http://www.youtube.com/watch?v=SxcCgq2Kt_k&feature=player_embedded



いろいろとYMOの曲をアレンジしているのがあるけど、
何よりも感心するのは曲の完成度の高さだ。
何十年も昔なのに全く古くさくない。

それぞれ全く違う曲であるかのように料理されていながらも、
曲の強度というか生命力というか、曲そのものが曲を産み出していく力というものを感じてしまいます。



こちらがYMOのヴァージョン。

http://www.youtube.com/watch?v=oU7sRpcdSE4

ここから始まったのだと思うと、感慨深いものがあります・・・・。
PVがニヤッとさせる・・・。


この曲がリリースされたのは私が小学生の頃だった。
当時は気付くことが無かったが(子どもだから当たり前か)、
それにしてもなんて切なく悲しい曲なんだろう!!
どうしてこんなに響きが悲しいのか?


スポンサーサイト
/ トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-123.html










Everything, Everything (2004/07/17)

Live: Everything, EverythingLive: Everything, Everything
(2000/09/12)
Underworld

商品詳細を見る



音響の洪水に耳を傾けるのではなく、「からだ」を浸す・・・・。
短いフレーズを繰り返していく所なんか、ライヒやグラスの音楽と共通するところも感じます。

その繰り返しが何とも身体に心地良いんです。

実はミニマルもテクノも、音楽から身体を奪回しようとする試みであったのではないか?そういう気がしてならないです。
それにしても、この熱気の凄さ、凄い・・・・。

/ トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-115.html










music diary
© ざらすとろ 2017. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。