music diary


2005年06月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










レオ・シロタ (2005/06/22)
2005年 6月 22日  水曜日 雨

日本音楽界の恩人「レオ・シロタ教授を讃えて」 日本音楽界の恩人「レオ・シロタ教授を讃えて」
(2005/04/28)
インディペンデントレーベル

詳細を見る





日本を愛したユダヤ人ピアニスト レオ・シロタ 日本を愛したユダヤ人ピアニスト レオ・シロタ
山本 尚志 (2004/11)
毎日新聞社

この商品の詳細を見る








このところ、いろいろとあって更新出来ず、申し訳ないです・・・・

レオ・シロタという日本の音楽界の大恩人がいて
その人の3枚組のCDが発売されたので、横浜のHMVで購入。
といっても、二ヶ月ほど前の話。

何よりも日比谷公会堂での演奏会の録音は、その時の演奏がいかに素晴らしい体験なのか、
演奏するという事は一体どういう事なのか、聴き手の生にどのような変容をもたらすものなのか、考えさせられる筈です。

この演奏は19世紀において確立され、そして今では完全にその伝統が途絶えてしまったピアノ芸術の極限だと思います。ここにはブゾーニの精神が継承されている。

真の意味でのヴィルトーゾとはこのような存在であった。

技巧とは心のあり方の現れなんです。
何よりも、演奏とは一つの創造であり、その創造は想像力が必要なのだということ、
そして、今のクラシック音楽にはこの夢を観る力が枯渇している事がよく分かる。


スポンサーサイト
カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:2


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-36.html










music diary
© ざらすとろ 2005. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。