music diary


2005年07月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










ピエトロ・スパダ (2005/07/12)
2005年 7月 12日 日曜日 晴れ


Busoni: Complete Bach Piano Transcriptions, Vol. 1 Busoni: Complete Bach Piano Transcriptions, Vol. 1
(2000/02/15)
Arts

この商品の詳細を見る




Complete Transcriptions for Piano Complete Transcriptions for Piano
(2000/02/15)
Arts

この商品の詳細を見る



久しぶりの更新です。
最近は暑いのでクラシック音楽を聴く気分じゃない。

それでもピアノ曲をよく聴きます。

最晩年のペーター・マークの録音を出しているArtsというレーベルから出ています。
ピエトロ・スパダというイタリアのピアニストによるブゾーニ編曲によるバッハを最近購入して聴いております。フレーズの一つ一つ、これだけ意味深く演奏したバッハにはただただ頭の下がる思いがします。

ブゾーニという人は今では作曲家として知られていますが、実は偉大なピアニストでもありました。
原典主義的に言えば、彼の手による編曲は非常にヴィルトーゾ的で大袈裟なロマン主義のお化けと酷評される。でも、私はこの編曲はバッハの真実が活きていると思う。
なぜならば楽譜を超えたところにある音楽の真実を探求しようとする超人的な意志に支えられているからだ。

シャコンヌというヴァイオリンのために作曲された音楽があります。
冒頭主題からして、ヴァイオリンという楽器の性能と楽譜が要求しているものとが、
激しくぶつかり合っている。
実際、冒頭の重音を、ずらさずに弾くために特殊な弓を発明したものさえいます。

素材とイデーとが、鬩ぎ合いや葛藤を経て、一時的な和解を遂げる・・・。
ブゾーニは、この素材とイデーとの葛藤と和解を、ピアノに編曲する事で再現する。
演奏とはただ単に楽譜に書かれた事を弾くんじゃない。
その背景にある「命」を、「葛藤」を、丸ごと掬い取ろうとする事なのだ。
そのためには、鋭い感性と知性が要求されます。

よく誤解されがちな事ですがロマン主義とは自己陶酔ではなく、実は自己の中に手懐ける事が極めて困難な優れた批評家を自らの内面に抱え込むという必然性を背負っているんです。

事実、優れたピアニストは、優れた批評家でもあった。
この批評する意識こそが、想像力に飛翔する翼を与えるんです。
今の演奏に決定的に欠落しているもの、それは想像力であり、夢を観る力なのだ。

ゲーデをはじめとする芸術家がファウスト博士に拘り続けた事は決して偶然ではない。

スポンサーサイト
カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:7


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-37.html










music diary
© ざらすとろ 2005. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。