music diary


2008年02月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










マイナルディの無伴奏 (2008/02/26)

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)
(2007/05/23)
マイナルディ(エンリコ)

詳細を見る



カザルスと並ぶ、バッハの無伴奏チェロ組曲の金字塔。

カザルスは世界の中心から、音楽が迸っている感じだけれども、
マイナルディの演奏は音楽が空間に厳粛にそびえているような感じ。
この感覚はちょっと独特だ・・・。




ゴツゴツしていて無骨なぐらいだ。
洗練とは全く程遠い。

6番のサラバンドを聴け!!!
ここには心からの祈りしか、ない。

最晩年、ミケランジェロが最期の命を燃やして
取り組んだロンダニーニのピエタのように、
すべての芸術は未完成なものであって、
永遠に完成などありえないのではないか?
それでも完成に迫ろうとする・・・
それはそうせずにはいられないからだ。



スポンサーサイト
カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-58.html










井上 喜惟 (2008/02/26)



ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調「英雄」 ほか ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調「英雄」 ほか
井上喜惟 (2005/07/27)
ALTUS

詳細を見る




昔、秦野交響楽団を振りに来た事があって、

その時に確か、ラヴェルの古代のメヌエットと、
ビゼーのアルルの女で、

後半がメンデルスゾーンのスコッチだッたと思います。

あの秦響からよく人間の声のような、
本当のオーケストラの響きを奏でていた・・・・
つくづくこの人は凄いと思いました!!!

今どき、ヨーロッパでもこういう響きをオケから
惹き出せる人は殆どいなくなってしまいました・・・・




カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-71.html










music diary
© ざらすとろ 2008. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。