music diary


2010年12月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










本厚木のtahara、来年の一月いっぱいで閉店することについて。 (2010/12/30)
「いきものがたり」に非常にゆかりが深い
本厚木のTaharaが店じまいしてしまいます。

http://taharahr.blog94.fc2.com/blog-entry-197.html

私はクラシックなので、「いきものがたり」はよく知らないけど、
いろいろとCDを買ったりしていたので非常に寂しい思いがする・・・。
地元じゃないと関係のない話かもしれない。
しかしこのような事は、都心をも含む日本中で起きている現象である。
これは日本中で起きている精神荒廃の一端なのだ。

あなたが住んでいる町並みを良く見渡して欲しい。
町並みとはそこに住んでいる人々の精神の反映なのだ。

我々の暮らしがどのようなものになろうとしているのだろうか?

世の中は不況だとか、景気が悪いとか、そういう話ばかり。
しかし本当に深刻な問題は不景気ではない!!!

本当のことを言うと、景気が悪くても「人の暮らし」さえあれば何とかなる。
しかし今不景気という事で起きている事は、仕事が無いとか、食っていけないとか、経済格差とかそういう脅威を多く語られがちだ。しかし本当はある問題から派生したことに過ぎない。

「人の暮らし」を支えている社会関係そのものが、巨大な経済活動によって呑み込まれ、滅ぼされようとしていることが原因なのではないのか?

なるほど確かにamazonで買った方が便利だ。そこいらの本屋なんかと比較にならない在庫量、優れた検索エンジン、はっきり言って本屋で注文するよりずっと早い。しかし、そこには人と人が社会関係を構築する契機が無い。かつてはものを売買する関係の中に「人」という存在がいたのだ。

しかしそういうものを買ったり売ったりする関係に、「人」が関与することは、これから少なくなっていくだろう。飲食店でもどんどん店員の対応はマニュアル化されていくようになるし、どこの誰がというような事は問われない。

どうすれば、我々は「人の暮らし」を取り戻す事が出来るのであろうか?
スポンサーサイト
カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-135.html










music diary
© ざらすとろ 2010. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。