music diary


スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










ハーゲン弦楽四重奏団 (2004/11/09)
2004年 11月 9日 火曜日 晴れ


ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第13番 / モーツァルト:アダージョとフーガ 他 ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第13番 / モーツァルト:アダージョとフーガ 他
ハーゲン弦楽四重奏団 (2002/12/25)
ユニバーサルクラシック

この商品の詳細を見る




ハーゲン弦楽四重奏団のベートーヴェンの大フーガを聴き直しています。自分はどちらかというと戦前の演奏を中心に聴いてきているので、今のカルテットのように弦楽器が人間の声の模倣でないことに対し、ある種の戸惑いがあるんです。それでも、このハーゲンSQの仕事には脱帽せざるをえないです。

すべての贅肉を切り落とし、各声部の流れを明確に聴かせる演奏です。彼らは音楽に陶酔したりはしない。音楽を徹底的に自らと切り離した地点で対象化したところから彼らの演奏は、出発している。だから彼らの音楽はどのような事があっても常に醒めています。彼らにとって鋭角的で激しいフォルテも、繊細なカンタービレも、スコアに書いてある秘密を解読するためにのみ意味を持っている。それ故にかえって我々の気付かなかった作品に内在する尋常ではない狂気や哀しみが、白日の下に晒される。

この手腕の鮮やかさは実に見事なものです。
カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-30.html










投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 





Trackback URL
http://classicalmusic.blog58.fc2.com/tb.php/30-56dacf99
music diary
© ざらすとろ 2017. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。