music diary


スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










フルトヴェングラーのカラカス・ライヴ (2003/09/04)


Wilhelm Furtwangler in CaracasWilhelm Furtwangler in Caracas
(2003/09/15)
Johannes Brahms、 他

詳細を見る




2003. 9. 4. 木曜日 晴れ

フルトヴェングラーのカラカス・ライヴ

ヘンデルのコンツェルトグロッソ、ニ短調 op.6-10

この曲をはじめて聴いたのが、実はフルトヴェングラーの演奏でした。
大戦中の録音です。そのとき、なんと高貴な音楽だろうと感じました・・・。
感動のあまり高校の文化祭の文集の文章に大戦中のフルトヴェングラーについて書いたほどです(笑)。

確かにいろんな指揮者がこの曲を録音しています。それらの演奏は確かにとても素晴らしいものです。しかし、このようなギリシャ悲劇のような高貴さ、格調の高さ、精神性の高さでは他にたとえようのない演奏です。

そして54年のこの演奏は、やっぱり美しかった・・・・。
なんと暖かい、心がこもった響きなのだろう?
今回買ったのはARCHIPELというレーベルですが、今ひとつ音の冴えがないのが残念です。
英国の協会盤のLPで聴きたいものです・・・・。


カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-4.html










投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 





Trackback URL
http://classicalmusic.blog58.fc2.com/tb.php/4-29d557bb
music diary
© ざらすとろ 2017. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。