music diary


スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










The Art of Youra Guller, 1895-1980 (2007/05/05)
The Art of Youra Guller, 1895-1980 The Art of Youra Guller, 1895-1980
Mateo Albeniz、 他 (1992/12/02)
Nimbus

詳細を見る



殆ど録音を遺さなかった、数少ないギュラーの遺言のような演奏。
音と音との間にある沈黙がこれほど雄弁に語る演奏は希有だと思います。

それにしても、何という深遠な響きなんだろうか?
もはやピアノが奏でている音楽ではない!!
存在の深淵から語りかけているような、
そういう音楽です。

どの演奏もこれ以上の演奏は考え難いけれども、
その中でも特にバッハは他の誰の演奏も彼女には敵わない。
ただ一言、至高とだけ言っておきます。




カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:6


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-51.html















懐かしい名前にいたたまれず…。彼女が再発見された1976年が昨日の様に懐かしく想起されます。以来そのLPは秘蔵。NimbusのCDで、深い息遣いの音楽を楽しんでいます。バッハ=リストは仰せの通り至高です。私はバルバストル(バルバートル)の「ロマンス」を事の他溺愛しています。
ベートーヴェンもCD化されていますが、こちらもロマン・ロランが愛したという、佇まいの美しく高貴な演奏が素晴らしい。LP時には生没年の表記はなく、CDでそれを見るのは一入の想いに駆られます。

ご存知でしょうがもう一枚CDが存在します。ショパンの11マヅルカと5夜想曲で、録音は1950年代半ばのようです。今は入手可能かどうかわかりませんが…。Danteの「ヒストリカル・ピアノ・コレクション」シリーズで、HCP-019(1995年発売)です。大らかで深い呼吸、悠揚迫らぬ貴婦人の立居振舞い、グランドマナーを目の当たりにするようなショパンです。この人の品格の高さは実に稀有ですね。
soge daga
2007/05/07 | URL |(trip@-)
編集







ギュラー 私は残念な事にこの1枚しか所有していませんが、エラートから出ているベートーヴェンも是非とも再発してもらって聴けるようになってくれればいいのですが・・・・、当分再発の予定はなさそうです・・・。

どうでもいい演奏を粗製乱造する前に、こういう演奏をちゃんと出して貰いたいものです。しかし聴く人が少ないんでしょうか、今回紹介した演奏はCDーRでリリースされているんです。

それにしてもギュラーほどの人が、殆ど日本で知られる事なく、ほんの僅かしか録音が残っていないだなんて、本当に残念で悔やまれてなりません・・・。

ざらすとろ
2007/05/09 | URL |(trip@ftpQfd0Y)
編集







ベートーヴェンの2ソナタはニンバスでCD化されています。
NI-5061です。発売は1987年ですがニンバスなら多分今でも…。
エラートの権利を買い取った様です。
soge
2007/05/10 | URL |(trip@-)
編集







ギュラーのベートーヴェン アマゾンとタワーで調べたのですが、
すでに廃盤になっているようです。

それにしても近頃は廃盤になってしまうのが早いです・・・。

ギュラーのベートーヴェンはおそらく信じ難い奇跡の
ような演奏になっていると思います・・・。

すぐにでも再販してもらいたいものですね・・・。




ざらすとろ
2007/05/12 | URL |(trip@ftpQfd0Y)
編集







はじめまして。ギュラーの音楽を愛する者です。ギュラーで検索していてこちらに参りました。

ギュラーのベートーヴェン、今夏ついに再発されました。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2612052

また、ショパンの協奏曲のライヴ録音が初CD化されました
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2563342

これを機に、彼女のすばらしい音楽をひとりでも多くの方に知っていただけることを願ってやみません。

すでにご存知かもしれませんが、お知らせまで。
(Akira)
2007/09/07 | URL |(trip@AmRNBPCY)
編集







再販されたんですね? 書き込み有り難う御座います。
m(_ _)m

再販されたんですね?
最近は、あまりCDを買っていないので気が付きませんでした。
ご指摘が無ければ気が付かないままでした。
本当に有り難う御座います!!
m(_ _)m

早速、注文しようと思います!!

それにしても、どうしてあれほどの力量を持ち合わせていながら、こんなにも録音が少ないのか?
悔やまれてなりません・・・・・


ざらすとろ
2007/09/07 | URL |(trip@HHwP0Xsw)
編集


投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 





Trackback URL
http://classicalmusic.blog58.fc2.com/tb.php/51-939c192b
music diary
© ざらすとろ 2017. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。