music diary


スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










Masters of the French Piano Tradition (2007/05/25)
Masters of the French Piano TraditionMasters of the French Piano Tradition
(2006/10/31)
Hector Berlioz、

詳細を見る



soge 様から頂いきました。
有り難うございます。m(_ _)m

かつての19世紀の演奏家はどのような演奏をしていたのか?
実は文字通りの生き証人がその最晩年に録音しています。

フランシス・プランテ。

最晩年の90歳に吹き込んだとは信じ難いほど、
老化など全く感じさせない演奏です。
それにしても何と美しい響きなのだろうか!!

昔の演奏家が楽譜を歪めているなどというのは嘘です。
むしろここにあるのは音楽への畏敬と帰依です。

プランテ以外にも、ディエメや、
サンサーンスの自作自演なども収録されています。
19世紀から20世紀初頭のフランスのピアニスト達は
どのような演奏をしていたのか、伺い知る貴重な証言であります。

カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:2


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-52.html















然るべき御方にお譲り出来て善かった。私もざらすとろ様からは貴重な音源をお譲り戴いて、感謝しています。
soge
2007/06/08 | URL |(trip@-)
編集









こちらこそ、いつも素晴らしい演奏を紹介して頂き、
感謝の言葉もありません!!
私も何か良い演奏があったら送ります。



ざらすとろ
2007/06/10 | URL |(trip@ftpQfd0Y)
編集


投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 





Trackback URL
http://classicalmusic.blog58.fc2.com/tb.php/52-bfefc9bb
music diary
© ざらすとろ 2017. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。