music diary


スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










薔薇を忘れて、棘を語るような演奏をするべきではありません (2008/06/05)

Bach: Sei Solo a Violin senza Basso accompagnate - IBach: Sei Solo a Violin senza Basso accompagnate - I
(2005/11/08)
不明

詳細を見る



Bach: Sei Solo a Violino senza Basso accompagnato - IIBach: Sei Solo a Violino senza Basso accompagnato - II
(2006/05/09)
不明

詳細を見る




昨日、エレーヌ・シュミットさんのリサイタルを聴きに行ってきました。
ソロでの来日は初めてなのだそうです。

バッハの無伴奏を2夜にわたって演奏するという、
演奏家にとっては、演奏家の世界観、人生観が問われてしまう
危険極まりないプログラムです。

私は第2夜しかいけなかったけど、
なかでもシャコンヌが素晴らしい演奏だった!!

残響が空間に溶け込む時の意味深さをどう喩えればいいのだろうか?

一台のヴァイオリンだというのに、様々な声部が対話をするかのように
紡ぎ出されている。あたかもバッハの家でバッハと話しているような、
そういう等身大の感覚がある。
かつての巨匠の演奏のようにバッハを神として下から仰ぎ見る感覚ではなく、
何処かの部屋でしみじみバッハの話に耳を傾けるような、そういう感じなのだ。

古楽奏法というものが何を求めようとしていたのか?
アーノンクールの音楽による対話というものがどういう事なのか?

かつてアーノルド・ドルメッチによってクラヴィコードという、
尤も音量が出せない楽器から表現しようとした事が、
このような薔薇となって咲いている!!


カテゴリー:classical / トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-75.html










投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 





Trackback URL
http://classicalmusic.blog58.fc2.com/tb.php/75-26700017
music diary
© ざらすとろ 2017. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。