music diary


スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/?overture" target="_new










J.J.Froberger Clavichord music Thurston Dart (2009/02/08)
L'OISEAU-LYRE SOL 60038 (UK)


J.J.Froberger Clavichord music Thurston Dart

P2071150.jpg P2071155.jpg



クラヴィコードの響きは本当に美しく、表情豊かだ・・・・。

特にフローベルガーのように、内々に語りかけるような作風には
クラヴィコードの響きがよく似合う気がする。
それにしてもダートの演奏の素晴らしさは、どう表現すればいいのだろうか?

フローベルガーはバッハ以前の作曲家の中で最も重要な鍵盤音楽の作曲者であると謂われている。確かにその通り。
しかしその事以上に、私にはデューラーのメレンコリアと同じ精神が宿っているように感じる。

実は私はフローベルガーという作曲家に、ドイツ音楽の本質的なものを見ている。

フローベルガーの作品には、深い憂鬱な感情と、死を前にした深淵と輝きがある。
そしてダートはクラヴィコードという鍵盤楽器の中で最も繊細な表現が可能な楽器によって、
丹念にフローベルガーの宇宙を紡いでいくのだ。


ちなみに、こちらがレーベル。

P2071159_1


他にもバッハのフランス組曲も録音している。
こちらも実に素晴らしい演奏です。

ダートが若死にしてしまった事は本当に惜しまれる・・・・。


カテゴリー:classical LP / トラックバック:0 / コメント:0


この記事のURL: http://classicalmusic.blog58.fc2.com/blog-entry-83.html










投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 





Trackback URL
http://classicalmusic.blog58.fc2.com/tb.php/83-cf656e2a
music diary
© ざらすとろ 2017. (http://classicalmusic.blog58.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。